首イボがオイルを塗ると取れる?どんなオイルが良いのか紹介!

投稿日:

首イボにおすすめのオイルは?

首イボにはオイルと塗ると良いと聞いたことはありませんか?
最近では肌も髪もきれいになると美容オイルを始める女性が増えていますよね?
肌に良いなら首イボも取れそうなイメージが強いです。

ただしどのオイルでも良いと言う訳ではありません。
きちんと効能が期待できるオイルを選ぶことが重要です。
様々なオイルの中でも特に期待できると言われているのが杏仁オイルです。

杏仁オイルってどんなオイル?

杏仁オイルはバラ科サクラ属の杏子を原材料に使用しています。
美味しいデザートとして有名な杏仁豆腐は杏子の種の中にある白い実で作りますよね。

杏仁オイルとはこの種にある仁から抽出されたオイルのことを言います。
英名アプリコットオイルとも呼ばれています。

杏仁オイルにはどんな効能があるの?

この杏仁オイルにはパルミトレイン酸やリノール酸、オレイン酸、パルミチン酸、ステアリン酸と言った脂肪酸が豊富に含まれています。
パルミトレイン酸は皮膚の老化を防止する作用があると言われています。
そのため若返りに役立つ脂肪酸と話題になっているのです。

リノール酸には保湿作用、抗炎症作用、皮膚のバリア機能向上作用などがあります。
オレイン酸は悪玉コレステロールを減らす作用があり、生活習慣病の予防に役立ちます。
パルミチン酸は皮脂の過剰分泌を抑える作用が、ステアリン酸には保湿作用や抗酸化作用があると言われているのです。

首イボに杏仁オイルを塗るとなぜ取れる?

首イボは皮膚の老化、皮膚の乾燥、紫外線による皮膚のバリア機能低下、摩擦による刺激などによって出ることがあります。
杏仁オイルに含まれている脂肪酸は首イボの原因に作用するものが多く含まれているために塗ると取れると言われているのです。
首回りの皮膚をお風呂できれいにしてから杏仁オイルを塗るだけと使用方法は簡単です。

低温圧搾された杏仁オイルを選ぼう

オイルを高温処理すると品質が落ちることがあります。
品質が落ちると期待できる効能も得られなくなるために注意が必要です。
低温圧搾された杏仁オイルなら高品質のまま作ることが可能です。

杏子はアーモンドやウメなどと近いために交雑しやすいと言われています。
ウメと杏子が近くにあり、開花時期が同じと言う場所では自然交雑が見られることがあります。
交雑したものでは杏子本来含まれているはずの脂肪酸が少ない恐れがあるため、杏子の原種を原材料に使用しているオイルを選びたいところです。