首イボへの有効な対策は?大きくなる前に数が増える前に予防しよう!

投稿日:

首イボへの対策にはどんなものがある?

30代以降、首回りにイボが出来た場合は老人性である可能性大です。
年齢を重ねるごとに大きくなったり、数が増えたり、悪化することがありました。
なるべく悪化する前に予防したいところですよね。

そんな老人性首イボへの有効な対策をまとめてみました。
気になると言う方は一度チェックしてみて下さい。

保湿ケアを行う

30代40代と年齢が進むごとに皮脂の分泌量が少なくなり、乾燥しやすくなります。
さらに紫外線を浴びすぎた皮膚はバリア機能も弱まっているため、水分が失われることがありました。
皮膚の新陳代謝も下がり、首イボが出来やすい環境になってしまいます。

そのため首イボには保湿ケアを行うと言う対策が有効です。
化粧水で水分を補給、美容液で美容成分を補給した後、クリームを塗って保護すると良いでしょう。

太陽の出ている時にお出かけする際は日焼け止めクリームを忘れないで下さい。
しかし紫外線カット性能の高い日焼け止めクリームだと皮膚への刺激が気になるところです。
外出時間に合った日焼け止めクリームを選ぶのがおすすめです。
まずは目立たない部位に塗ってみて反応を確かめてから本格的に使用して下さい。

市販の内服薬を使用する

イボや肌荒れに効能がある市販の内服薬を使用すると言う対策もあります。
保湿や新陳代謝の向上、免疫力の向上などが期待できるヨクイニンと言う有効成分を配合しています。
首イボは体質的に出来やすいと言う方が見られますが、そんな時にもおすすめです。

自然由来のオイルを塗る

オリーブオイルやアプリコットオイルなど自然由来のオイルを塗ると言う対策もあります。
自然由来のオイルには美肌が期待できる脂肪酸が多く含まれています。
ヨクイニンを摂取しながらオイルを塗ると言う対策もおすすめです。

病院で治療を受ける

自分で行う対策では良くならないと言う時は病院で治療を受けると言う対策があります。
病院では内服薬や外用薬の処方、ハサミで切る、手術、電気メス、液体窒素など様々な治療が受けられます。
保湿ケアやオイルなどと違って、病院での治療ならすぐに首イボが取れていきます。

一人ひとりの症状に合った治療を選んでみて下さいね。
分からない時は医師に相談すると提案が受けられますので安心です。

美容皮膚科クリニックでは炭酸ガスレーザーと言う治療も受けられます。
保険が使えませんが、施術後の仕上がりがきれいになることが多いです。
痛みや出血も少なく、安全性の高い治療となっています。